何気ない日頃に訪れた、黒いメガネの相手方

ある日、お家に電話が掛かって来た。
その人は、言い回しが荒く父兄を呼んでくれと言うから、居ないと言ったら、怒鳴り始めた。
あぁゆう輩は、怒鳴れば何とかなると思っているらしく、やや怒鳴り言い回しで酷い言葉を発していた。
何日かして、見知らぬパパ数個がお家に来た。
スーツ性質で、さぞかしヤクザ風の方々。
「父兄居るか?嬢くん。」
何となく、嬢きちんと言う。
いません、と答えると、又始まったよ、怒鳴り散らす滅茶苦茶が。
怖い言い回しにしてるようでも、自身には至って効かない。
あの人達は、ヤクザ振りで本当のヤクザになりきれてない系統。
何故なら、指があったから。
しかも、ちょこっと払えばいいんだからさ、と微かな優しさも見せた。
ヤミ金、それは、利回りが激しく、払えないとお家迄来て、脅す輩の面。
1枚のレターで生活が変わる。
借りなければ、関わる事はない。
だけど、お金が借りれるって言う甘い誘引に負けてしまう。
財産に困ると、クエスチョンがなくなってしまうのだ。
大丈夫、ひと月この位なら返せる。
そんなふうに思うのは、発車の時だけ。
利回りが重なり、借りた給与より上乗せされて返せなくなる。
それを分かっていて、ヤミ金はかす意図だから、乏しい輩だ。
これでも一先ず、審査がある系統。
前に聞いたら、審査があるのでと言われて、働いてない人物にはどのくらい借すのかと思ったら、意外に低い合計だった。
ようやく利回りが重なるんだと思った。
いよいよ、ヤミでは借りてはいけないと思う。
何が起こるかは、借りた人物しか分からないから。闇金無料相談